2019-08-25

秘密鍵接続を使ってWindowsのGit Bashでcloneする【conoha ssh】

投稿:2019-08-25, 更新:-, Tag:Linux, SSH,`Windows, Git

前提

  1. WindowsにGitとGit bashがインストールされていること。
  2. conohaにLinuxサーバを立てていること。
  3. Linuxサーバにgitがインストールされており、アクセス可能な場所にリポジトリがあること。

手順

  1. conohaの管理ページにログインする。
  2. conohaの管理ページからsshポートを開放する。
  3. conohaのゲストOS側のsshポートを開放する(firewall-cmdなどを使う)。
  4. conohaで公開鍵(パブリックキー)を作成する。同時に作成される秘密鍵をダウンロードしておく。
  5. conohaのゲストOSにログインする。gitリポジトリにログインするユーザの~/.ssh/authorized_keysを vi などで開き、先ほどconohaで作成したパブリックキーの長い文字列を転記する。
  6. conohaのゲストOSの設定ファイルを管理者権限(sudoなど)で編集する。 これでルートログインとパスワード入力を不可にする。

    #PermitRootLogim yes
    PermitRootLogim no
    #PasswordAuthentication yes
    PasswordAuthentication no
  7. sshd を再起動し、設定を有効にする。

    sudo systemctl restart sshd
  8. conohaからダウンロードした秘密鍵ファイルを、WindowsのC:\Users\<ユーザ名>\.ssh\id_rsaファイルとして名前変更し、移動する。

以上の手続きでGit Bashからgit cloneできました。 PuTTYのplink.exeを使おうとしてハマった…